2012年07月29日

帰ってきたお題った・31<コルダ>

お題った、コルダ。大土。精神的にはリバっぽい。

あさいさんは、「夜の廊下」で登場人物が「手を繋ぐ」、「傷」という単語を使ったお話を考えて下さい。 #rendai http://shindanmaker.com/28927

もしよろしければ続きへどうぞ。


彼は一見非の打ち所のない人物に見える。
恵まれた環境に生まれ育ち、品行方正、成績優秀、眉目秀麗。
…せやけど、一片のもない人間なんて、ほんまにこの世におるやろか。仮におったとして、何の傷も持たへんその誰かを、人間くさく愛することなんて出来るやろか。

明日も用事あるし、もう今日はここで、と言った蓬生の手を、大地がつかんだ。とっさにしたことだろう。つかんでいるのは大地なのに、その当の本人がぽかんと呆気にとられたような戸惑った顔でいる。自分では見えないが恐らく蓬生自身も困惑した顔をしているだろう。
ホテルの客室階は、中途半端な時間だということもあってか人気は少ない。けれど、大の男が夜の廊下手をつないだまま立ち尽くしている図をもし誰かに見られたら、不審がられることは間違いない。
「…手、放してや、榊くん」
ぶっきらぼうに促してから目にした瞳の中に、雨にうたれた仔犬のような切ない色を見て、蓬生は吹き出したいような抱きしめたいような、…何ともたまらない気持ちになった。

−…男前、台無しや。いつもは憎たらしいほど隙を見せまいとするくせに、こんな時ばかり隙だらけで。

蓬生は小さくため息をついた。大地がかすかにびくりと震える。

−…それを俺の前でしか見せんのが、また君のずるいところや。…如月くんには、隙なんか絶対見せんのやろ?俺にだけ、そんな風に、…甘えてくるんやろ?

「…榊くん」
…かなんわあ。…ずるいやんか。…そう思いながらも、大地のそういうずるさをこそ、自分は愛すのだ。
「…榊くん、て」
三度目の呼びかけに、ようやく大地は諦めた顔で手を引っ込めかけた。その瞳を追いかけて、のぞき込んで。
「だんまり、は、あかんなあ」
誘う声が少し意地悪なのは、わざとだ。
「ほしいもんがあるんやったら、ちゃんと上手におねだりしてもらわんと」
「…っ」
小さく呑まれる息、逡巡する表情。…その大地のうろたえぶりを、蓬生は艶然と笑った。

…君のそんな顔が見とうて、用事もないのに用があるから帰るって言うてる俺を、聡い君が見抜かれへん。
その愛故の君の愚かさを、誰よりも、何よりも、俺は愛す。


posted by 麻井由紀 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お題ったー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283666854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。