2012年07月17日

帰ってきたお題った・27<タイバニ>

故あって人質に出してあった小ネタなのですが、戻ってきた(たぶん)ので使います…。

あさいさんは、「夜のベランダ」で登場人物が「待つ」、「メール」という単語を使ったお話を考えて下さい。 #rendai http://shindanmaker.com/28927

タイバニ、空虎です。虎空かな。今ひとつリバの基準がわかっていなくてゴメンナサイ。キヨラカですよ。たぶん。


もヒーローは空を飛んでいる。
虎徹はキースのフラットのベランダにもたれ、彼が描くかすかな光の軌跡を追う。軌跡はポセイドンラインの本社ビルに向かって飛んでいき、消えた。
虎徹の足元では、人肌が大好きなジョンが、虎徹の足にもたれるようにしてのしりと座り込んでいる。その少しざらつく毛並みに手をさしのべ、梳いてやろうとしたとき、メールの着信音がした。
「……」
予感はあった。静かに微笑みながら確認すると、差出人は果たしてキースだ。
『空から君とジョンが見えたよ。もう遅いから部屋に入っておやすみ、そしておやすみなさい!』
「やーだよ」
文字列に向かって、虎徹は笑いながら話しかけた。
「俺はここでお前を待ちたいんだ」
虎徹は知っている。ベランダに虎徹の姿を見た夜は、キースが空を駆けて帰ってくることを。このベランダに降り立つことを。

−少しでも早く、家に帰れるように。

だから虎徹はここで待つのだ。

−少しでも早く、君を迎えたいから。

「お前のお願いなんか、聞いてやらない」
まるで虎徹の言葉に同意するかのように、ジョンがふんかふんかと鼻を鳴らした。


posted by 麻井由紀 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お題ったー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。