2012年07月15日

帰ってきたお題った・26<コルダ>

コルダ、副部長ずです。

あさいさんは、「深夜の橋」で登場人物が「キスをする」、「蜜柑」という単語を使ったお話を考えて下さい。 #rendai http://shindanmaker.com/28927

……。
…なんとなくひどい話…。強引なというか無理強いというか…。なので、「副部長やったらなんでもだいじょぶやで!」という方にのみお勧め…orz




駅へと続く跨線の手前で、あっさりと彼は言った。
「ここまででいいわ。…ほな」
「駅まで送るよ」
俺がわずかに抗弁すると、
「ずるずる見送られるん好かんねん。…悪いけど」
またさっくり切られる。
背を向け、歩きだす彼を、待ってと引き留めるのは女々しい。いつものかっこつけの俺ならあきらめて帰るところだ。
…だが、何故だろう。…その夜に限って、俺の足は動いた。
大股に追いかけ、坂を登る。追いついて何も言わずに腕をつかむと、さすがに驚いた顔で振り返った。
唇が開く。非難の言葉を紡ごうとする。…その息が言葉になる寸前に、俺は彼をきつく抱きすくめてキスをした。
…愛撫、というよりは、蹂躙に近いキスだった。
闇の深い深夜。人通りの少ない駅裏の跨線橋。少々の音はかき消してしまう電車の騒音。俺をひどい奴にする条件が、ここには揃いすぎていた。
嫌がって首を振って逃げようとする蓬生の髪が揺れる。
ふわりと、蜜柑の香りがした。
柑橘系のコロンでもつけているのだろうか。だがしかし、調香された男性用のシトラスの香りならばもっとシャープに爽やかに香るはずだ。
蓬生の髪から香るのは蜜柑だ。ねっとりととろけるように甘く、まといつくように重い。

−…煽られている。

襲いかかるように口づけているのは自分なのに、なぜかそう思った。

−…香りが俺を、狂わせている。

やがて蓬生の身体からくたりと力が抜ける。抵抗が消え、甘い吐息が唇の端からこぼれる。その息も、じわりとにじむ汗すらも、蜜のように甘い、蜜柑の香りだった。

posted by 麻井由紀 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お題ったー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。