2011年09月24日

LALA11月号さらっと感想(主にコルダ。夏目は別途)

夏目のアニメ四期が発表されたり、ホスト部の映画化が発表されたり、話題豊富な11月号。35周年記念ポスターのタイトルがイケメン&イケニャンなのが笑います。35枚中3枚がイケニャンです。そういや綿の国星もみかん絵日記もLALAだった…。ニャンコ先生が登場する土壌はあったってことですね。ちがうか。
次回の全サは5枚組ポートレート。なんと7種類。全種手に入れたい人…がいらっしゃるかどうかわかりませんが、LALADXや白LALAを手に入れたとしてもたぶん4種しか手に入らないと思う…。とりあえず麻井はコルダと遙をゲット予定です。

そしてコルダ!今月から連載開始!…と思ったら、一応連載開始ではなく、連載の序曲、プレリュード、という扱いでした。……ややこしなあ。もう連載開始でええやん、と、蓬生さんばりに関西弁でつっこみたくなった。16Pでページ数少ないからですかね。別に少ないページ数で連載開始してもいいと思うんですが。駄目か。
ちなみに、ほとんど星奏の話なのに表紙はカラーの神南です。背中合わせです。背中合わせって好きだ!たぎりました!

以下、思いっきりネタバレな感想を箇条書きで書きます。コミックス派の方はスルーでどうぞ!



・メインは星奏ですが、一応至誠館、神南、天音もお目見えしています。どうも雰囲気からすると、至誠館や神南は実際のゲームよりも早めに横浜に来る…みたいな?ちがうかもしれませんが、そんな印象を受けました。
・お話は菩提樹寮に防音室を作る話。素人が作れるんかい、という話ですがそれ以前に、この人達指を大事にしないといけないはずなのに、しかもコンクール直前にコンクールメンバーだけで、金槌ふるって防音室作っちゃうってどゆこと!?爆笑しました。
・律、菩提樹寮の寮長だったんですね。その設定、どこかで前出しているのかもしれませんが、私は知りませんでした。ちょっと何かネタに使えないかなあ。
・大地がひなちゃんをぽんぽんしてよしよしする場面、なんかもう兄妹みたいでめちゃくちゃかわいいです…。呉先生が描く大地、割と毒がなくていい人っぽい。……いやまあ、蓬生さんとの丁々発止があるとしたらこれからで、もしそういう場面が入ってきたらどうなるかはわかりませんけども。
・ラストの冥加様。怖すぎて逆に笑えるのは何故だ…。

以上ぽちぽち感想でした。

posted by 麻井由紀 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。