2010年06月05日

馬上枕上厠上

俗に三上と言いますが、文章を練るのにいいのは、馬に乗っての移動中、寝入りばな、トイレに入ってるとき、なのだそうです。
確かに、なるほど納得なのですが、ここになんで風呂場がないのかなー、と時々思います。お風呂でぼーっとしてるときって、ネタが落ちてきませんか。…私だけかな。友達にはよく、「うちの風呂場の天井には小説の神様がいるの」と説明したものです。
もっとも今は、一人でぼーっとお風呂に入る機会がなかなかないのですが、今日久々に一人で入ったら、なぜか突然二つもネタが降ってきました。やっぱり風呂場の天井には神様がいる。

でもどっちも至誠館がらみなので、書く機会がなさそうです…。
書かないと思うので、ネタだけ、続きに開陳しておきます。至誠館にご興味のあるむきはお立ち寄りくださいませ。

コルダと遙かに拍手ありがとうございます!
遙かの方は、忍人さんとサザキていうのもあり!という拍手だと、勝手に解釈させていただきますー(おい)。うれしかったです。ありがとうございました!次はおしちひですー。

てなわけで、実はまだ続いていますよ
コルダ3キャラとの今日の出来事ったー

今日の如月律は如月響也と至誠館に行き、その帰りに御影諒子と偶然出会い夜の観覧車に一緒に乗るでしょう。 http://shindanmaker.com/4813

バースディイブの律は、弟と仙台にいってます。しかも夜の観覧車に御影さんと!地団駄踏む大地が見えるようです。
…これで、明日の誕生日に律と大地がめぐりあってくれると最高の展開なんだけどなー。…どうなるかなー。



うう、本当にネタだけで文章になってないのに寄ってくださった方ありがとうございます…!

一つは、ニアちゃんとひなちゃんがガールズトークをしてるところに大地が首をつっこんだら、なぜか八木沢部長もいて、まじっててまったく違和感がないことにびっくりする話。

…ちなみに、ガールズトークの内容は、「コンクール参加者を国にたとえたら!」でした。……××××ではないですよ(伏せ字にしすぎて何が何だかわからないかもしれませんが、ご存じの方は文字数であれかと思ってください)。
千秋はイタリア(楽器の名前からしてあれですし、パガニーニとか好きそうですし)
蓬生はフランス(ドビュッシーが似合う気がする)、
律はオーストリア(なんとなく。基本を押さえてみました)
ハルはドイツ(バッハとかをかっちり弾きそうで)
大地がスペイン(どうも大地=ギターのイメージが強くて。ギターと言えばスペインなんです、私)
冥加がノルウェイ(グリーグ……というか、ソルヴェイグの歌のせいですね)
天宮がロシア(ショパンというよりはチャイコフスキーっぽい)
火積はチェコ(ドボルザーク。誰がなんといおうとドボルザーク)
新はアメリカ(ブラジルにしようかとも思いましたが、ガーシュウィンのほうがそれっぽいかと思って)

ここまではすいすい決まったんですが、響也と七海がどうにもこうにも(八木沢は会話に加わっているのでネタにされないのです。されるとしたらこの人もドイツかなあ)。
響也と七海って、どんな国が似合うんでしょう……。あと、今まで出した国にかぶらないようにするのがすごい難しいです。


もう一つのネタは、某DLおまけイベントがらみのネタ。
六甲山牧場でキャラメルを作った伊織くんが火積にキャラメルを食べてもらおうとして、火積に「悪い、甘いものはちょっと…」と断られているところに笹かまくんがやってきて(いっつも名前忘れます、この人。ごめん、笹かまくん)、「火積ー!甘いものが苦手とか言ってたら、八木沢の家に婿に入れないぞー!」と背中をばしばし叩く……。
さあ、そんなことを言われてしまったら余計にキャラメル食べにくくなっちゃったぞ、火積!でも食べなかったら伊織くん泣いちゃうかもよ!?どうする火積!
…というお話。

……至誠館を書くとしたら、たぶん火積×八木沢なのですが(かまわれ新と世話好き火積も捨てがたいですが)、実はこっそり伊織くんが大好きなので、伊織くんと火積の話が書きたい私…。
……うわあ、需要ない……。
posted by 麻井由紀 at 23:22| Comment(0) | コルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。