2009年12月09日

堂々完結。

遙かコミック版がめでたく完結しました……。
無事収まるところに収まって、ほっとしたようなさびしいような。

…連載が終わっちゃうと、全プレとかグッズはなくなっちゃうんでしょうね。それはさびしい。
今後はどうなるのかな。遙かシリーズの展開次第なのかな。水野先生について、特に次作のことは書かれていなかったので、遙かのメディアミックスがどうなるのかだけが今ちょっと気になります。

最終回の感想は、ちょこっとだけ続きで書いてます。
ネタバレ上等!という感じなので、既にお読みになった方だけどうぞ。

以下、感想です。ネタバレしてます。ちょっとシビアだったりもしますので大丈夫な方だけどうぞ。

あかねちゃんの最終的なお相手は、王道に乗っ取って…なのですが、正直最後の展開で無理矢理こじつけたような印象が否めません。ネオロマンスものを連載するときにはどうしてもつきまとうことですが、連載中はとにかく男性キャラとまんべんなく仲がいい展開にせざるを得ないので、そういう意味では最後の数回で彼とだけ行動を共にさせて、というのはうまかったと思います。…しかしそれでもまだ、あかねちゃんの××への気持ちが恋人へのそれではなくて仲間への友愛に見えてしまう…。…うう、私の色眼鏡でしょうか。

逆に思いがけず萌えたのは詩紋とセフルの方でした。セフルのために京に残る詩紋。結末に納得がいかず、鬼の洞窟へ一人戻っていってしまうセフルを迎えに行く詩紋。……くー!!(じたばたじたばた)という感じです。詩紋×セフル派ではないのですが、このラストシーンで一気に心傾きました…。…どうなのか、それは。

途中結構黒いところも見せたのに最後引き際が良かった鷹通さん。友雅さんとお幸せに(違)。

顔のまじないが消えた泰明さん。師匠or永泉さんとお幸せに(オイコラ)。

内心、一番あかねちゃんとラブラブに見えたアクラム。花梨ちゃんと幸せになってください(これも違)


以上、ちょっと曲がった感想でした。読了直後なので、乱暴な感想でスイマセン。

posted by 麻井由紀 at 23:12| Comment(0) | 遙全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。